景品で購入意欲を誘う

 

景品とは、商品を購入した客などに、商品に添えて贈るものを指します。では、賞品とは違うのでしょうか?賞品は、功績を得て、それに対する褒美として与えるものを指します。したがって類義語でもなく、全く別ものです。景品の場合、多くは顧客サービスを目的として使います。また、商品の販売促進の為に、景品を用いる事もあります。例えば、いつもスーパーの棚に陳列している定番商品のパンがあるとします。いつも目にするが、購入した事がない商品です。それに「〇〇キャンペーン」などと謳って、景品としてジャムなどが付いているだけで「一度試して見ようか」と顧客の購入意欲も誘います。景品をつける事により、商品のPRにも繋がります。

また、通常価格のままで、景品が1つ付いているだけでも、割安感も出てきます。景品は非売品のものを使う場合も多くあります。メーカーが景品として、特別に作る事もあります。これはメーカー側にとっても、CM作成して、高いギャラを使って有名人を起用するより、コストも大幅に抑えられます。景品を利用する事で、メーカー側にも消費者にもメリットが出てきます。しかし、スーパーなどでは主婦やお年寄りの利用が多い為、ターゲットがある程度限られてきます。全国配給しているCMなどに比べると、広告効果は低いといえるでしょう。今や景品は女性誌にも付いている事が多くなりました。消費者の中には、「景品なんか付けなくていいから、その分商品を安くして欲しい」と思う人も少なくありません。

<PICK UP>
美脚を目指す方にお勧めの、脚痩せに関する情報サイトです→脚痩せ